わかりにくいレイシャル・ハラスメント #3 差異の不承認の場合

| コメント(0) | TB(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回も、引き続き、「連鎖」を題材にレイシャル・ハラスメントについて考えていきます。告発を受けたAさんも上司も、それぞれのふるまいがレイシャル・ハラスメントに相当するということに気づかなかったのはなぜかという問題です。

(3)差異の不承認(アイデンティティ政治の否認)の場合

 じつは、「日本人と同じに扱う」ことがレイシャル・ハラスメントになりうる場合があります。正確にいうと、「出自にともなう文化的背景を尊重してほしいというマイノリティからの要求を拒否し、他の日本人と同じ基準で振舞うように強要した場合」です。なぜなら、それは民族的な自己決定権を侵害したことになるためです。同化の強要は、それ自体が「敵対的環境」になりうるのですね。

 例えば、宗教的アイデンティティをあらわすものとしてスカーフをかぶっているムスリムに対して、他の日本人と同様に髪を出しなさい(出さなければ配置換えをする)と強要するような事例はわかりやすいと思います。

 あるいは、在日コリアンの職員に対して、日本名の使用を指示する(従わなければ配置換えをする)というのもこれにあたります。これは、「朝鮮人であることをことさら誇示されると迷惑だ」という差別的なメッセージになりますので、やはりわかりやすいと思います。

 一方、「連鎖」の事例はかなりわかりにくい。Aさんが発した「きみはクマさんみたい」という発言それ自体はレイシャルなものではないという解釈も成り立ちますし、べつにアイヌの民族文化を否定したわけでもありません。

 しかし、毛深いという身体的特徴からクマに侮蔑的に喩えられてきた人種的差別の文脈を考えると、話は変わってきます。つまり、「クマ」は、文脈によっては十分に人種的差別になりうるのですね。そして、人種的差別に対抗し、プライドを守るための運動は、民族的な自己決定権の一部を構成します。

 Aさんには差別的意図はなかったかもしれません。しかし、Bさんは人種的プライドを守るための発言を何度も強硬に否定され、その訴えを何度も無視され、そんな主張をする輩は迷惑だといわんばかりに配置換えにあいました。Bさんにとっては、民族的な自己決定権とプライドの双方を否定された形になってしまったわけです。

 上司は、「クマ」なんて一般的なあだ名にだってなりうるわけで、その程度のことで騒ぎを大きくする職員は扱いづらいとでも思ったかもしれません。言い換えると、人種的差別の文脈を無視して、一般の日本人職員と同じに扱おうとしたのかもしれません。

 しかし、「同じ」に扱うということが、かならずしも正しいとはかぎらないのです。

前のエントリー3件

次のエントリー3件

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://han.org/blog/mt-tb.cgi/346

コメントする

このブログ記事について

このページは、mskimが2015年6月 6日 08:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わかりにくいレイシャル・ハラスメント #2 二次加害の場合」です。

次のブログ記事は「アイデンティティ・ポリティクスという言葉を辞書的に説明すると」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。