朝鮮学校が日本に存在する5つのメリット

| コメント(12) | TB(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

 移民研究の分野には、「移民に対して偏見や悪感情が高揚するのはどういう場合か」という問題設定があります。ある国では移民が歓待されているのに対して、別の国では犯罪者同様に忌み嫌われている。その差はどこにあるのか、ということですね。

 いろいろな仮説が提唱され、様々な国で検証が行われていますが、多くの国の調査で統計的に有意な説明力を安定して示す仮説がいくつかあります。その一つは、「移民はこの国の役に立つ」と信じている人ほど移民に悪感情を持たない、というもの。逆にいえば、「移民はこの国の厄介者だ」と信じている人ほど移民の排斥に賛成する、という仮説です。

 リベラルなスタンスからは、「人のことをまるでモノのように《役に立つ》などと、いったい何さまなのだ」という倫理的反発を覚える方もいらっしゃるでしょう。しかし、例えば、こちら(不景気だからこその移民政策のススメ - My Life After MIT Sloan)のコメント欄をお読みいただくだけで、この仮説がどのような人々を説明しようとしているのか、お分かりいただけると思います。

 この仮説については、後日いくつかの文献を詳しく紹介する予定ですが、直接的には今回のテーマではありません。今回とりあげるのは朝鮮学校です。

 朝鮮学校といえば、チョゴリ切り裂き事件に象徴されるように、時として憎悪の対象となってきました。暴力を振るわないまでも、「独裁者崇拝を教える異常な学校」という認識を持つ人は少なくないようです。そうやって、朝鮮学校を「この国の厄介者だ」と思っている人々が少なからずいるかぎり、朝鮮学校が偏見や憎悪の対象から外れることは期待しにくいでしょう。しかし、今後とも在日コリアンが日本に定住していく以上、それは誰にとっても不幸なことだといえます。

 つまり、今回のテーマは、朝鮮学校が《日本の役に立っている》理由を整理してみよう、ということです。題して、「朝鮮学校が日本に存在する5つのメリット」。読者の皆さんは、この思考実験を経ることで、無償化排除問題などについて意見がよりポジティブな方向に変わるかどうかをそれぞれ自己検証してみてください。

 なお、この記事ではあえてマジョリティ視線に立って、パーソンズのAGIL図式を手掛かりに話を進めていきます。

**********************

 まずは「適応(Adaptation)」から。これは、システムの外部に働きかけて必要な資源を調達するサブシステムのことで、国家レベルでいえば経済にあたります。日本経済に朝鮮学校が寄与していることは何か?

【メリットその1 韓国・朝鮮語話者の大量供給】

 朝鮮学校は韓国・朝鮮語話者を継続的に輩出しています。2000年からの韓流を支えたドラマや雑誌の翻訳は、そのほとんどが朝鮮学校出身者の手によるものです。韓流による経済効果は、朝鮮学校が支えたといっても過言ではありません。

【メリットその2 誕生圏経済のリクルート源】

 これは朝鮮学校というより在日コリアン全体にいえることですが、1980年代に入るまでは非常に厳しい就職差別があったため、学歴にかかわらず一般企業に勤めることは非常に困難でした。その結果、在日コリアンは自ら起業するケースが多かった。

 統計の取り方(「自営」の定義)によりますが、なんと在日コリアン男性の5割から6割が自営業主です。この比率は日本人男性の2倍以上。いかに自営業に追い込まれてきたかわかりますね。

 しかし、裏を返せば、自営業のノウハウと知識と人脈を持ち、ベンチャー起業のリスクを果敢にとりにいける人材を、朝鮮学校は大量供給しているともいえます。国家の庇護に頼らない自由で不羈の企業人を朝鮮学校は輩出してきたというわけです。

 日本にもグローバリズムが浸透しつつある中で、在日コリアンは貴重な生存戦略のモデルを提供してくれるかもしれませんよ。

**********************

 次に、「目標達成(Goal attainment)」について考えてみましょう。これは、システム共通の目標に向かって外部に働きかけるサブシステムのこと。国家レベルでいえば政治(外交)にあたります。日本政治に朝鮮学校が寄与していることは何か?

【メリットその3 北朝鮮との外交カード】

 ときどき、北朝鮮の人権侵害を批判しながら、朝鮮学校を差別しようとする政治家がいます(例えば「橋下府知事の発言をめぐる諸問題」)。

 しかし、これはまったくナンセンスな話であって、こんな論理矛盾に満ちた主張をしているかぎり、日本政府の北朝鮮批判は国際社会で通用しません。事実、日本政府が行っている朝鮮学校に対する差別は、国連の諸機関で批判の対象となっており、北朝鮮が日本を批判する糸口になってしまっています。

 でも、裏を返せば、日本政府が朝鮮学校をきちんと処遇しさえすれば、人権外交上のポイントになりうるわけです。

 拉致問題以降、北朝鮮外交といえば「圧力をかけろ」の一辺倒で、実質的には、むしろ日本は外交カードを何も持っていない状態です。朝鮮学校の存在は、北朝鮮外交の閉塞状況を打破する重要なカードになりえます。

**********************

 次は、「統合(Integration)」。これは、システム内部の利害を調整するサブシステム。国家レベルでいえば、共同体や司法がそれにあたります。日本の共同体や司法に朝鮮学校が寄与していることは何か?

【メリットその4 「民主主義の学校」の教材】

 A.トクヴィルやJ.ブライスの言葉を受けて、「地方自治は民主主義の学校である」と論じられることがありますね。そのココロは、「地域共同体という身近な環境で身近なテーマについて民主的に解決する訓練を積まないかぎり、国家という巨大な機構を民主的に運営することは難しい」ということです。

 その点、朝鮮学校は共同体内にある非常に身近な異文化集団です。これを安易に排斥しようとせず、利害を調整しながら上手に付き合うスキルを習得することができれば、日本の民主主義はきっと成熟の度合いを深めることでしょう。 

**********************

 最後は「潜在(Latency)」。 これは、シンボルによってモノゴトを意味づけることで、集団のパターン(◎◎らしさ)を維持するためのサブシステムです。少しわかりにくいですかね。文化を維持するサブシステムと言い換えてもかまいません。国家レベルでいえば、教育やマスメディアなどの社会化エージェントが相当します。

【メリットその5 カウンターカルチャーの供給基地】

 あえて人名を挙げるのは控えますが、日本を代表するような文化人には、在日コリアンが少なくありません。著名な文学賞を受賞した小説家、映画賞を受賞した監督、有名なアーティスト、等など。90年代には、「在日文学抜きにはもはや日本の文学を語ることはできなくなった」という声すらあったぐらいです。

 在日コリアンのハイブリッドな文化環境での生育経験や、マイノリティとしての被差別体験などが、日本人にとっての《あたりまえ》を揺るがすメッセージを生みだすためでしょう。1970年代以降、在日コリアンは、サブカルチャー、カウンターカルチャーの供給源であり続けてきました。

 ところで、それら在日コリアン文化人の多くが、朝鮮学校の経験者です。朝鮮学校は、いわば、日本におけるカウンターカルチャーの供給基地なのです。次の文学、次の芸術、次の映画が、いま、朝鮮学校で育っているのかもしれませんよ。

前のエントリー3件

次のエントリー3件

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://han.org/blog/mt-tb.cgi/322

だいぶおそくなったけど、自由主義なら民族教育は公費で - 地下生活者の手遊び への応答に対する再応答ですにゃ。 民族教育以前の問題として 教育というのは... 続きを読む

コメント(12)

挙げられた5つのメリットのうち、1,2,4,5は、朝鮮学校に限らず外国人学校一般について言えることですね。
3は、ちょっと苦しい感じです。学校の存在が外交カードになるとは思えません。
あと、ブログ主さんは国連機関の勧告等を重視しているようですが、あれは工作やロビーも多くかなりいいかげんな内容も含まれているようなので、日本の外交がアレにいちいち振りまわれるのは良くないと私は考えております。

朝鮮学校が日本社会に受け入れられない大きな理由は、朝鮮学校自身が受け入れられるよう努力していない点にあると言えるでしょう。
日本には多くの外国人学校があり、そこで民族教育も行われていることでしょう。
それはむしろ「良いこと」として受け止められているのではないでしょうか。
日本人は、多文化に対して不寛容な人たちではありません。

韓国学校のように学校教育法の定める「学校」として存立し、その中で民族教育を行うという工夫を朝鮮学校がしていないのは、朝鮮人自身が選択しているのだということを忘れてはならないと思います。
しかも反日的な政治教育も行っていることを考え合わせれば、むしろこのような学校の存在を許している日本社会の寛容さを評価すべきかと思います。
この点は、韓国で果たして朝鮮学校の存在が許されるかどうかを考えればお分かりかと思います。

あと、切り裂き事件の類は、自作自演や嘘も多いみたいですよ?

金教授のコラムいつも関心を持って拝読させていただいております。小生、金教授が教鞭をとっておられる学校に中学から通いました。学部卒業後韓国に留学し現在に至っております。幼稚園から大学まで日本の学校に行っていた私としては、金教授が朝鮮学校のメリットを社会学の理論に照らし合わせて述べられている事に、申し訳ありませんが、少なからぬ違和感を覚えてしまいます。特に身近な者が朝鮮学校出身の人に直接被害を受けた経験を持っていますので、そういう気持ちを持つのかも知れません。同じ民族として悲しい事ですが、それもまた現実であります。金教授は朝鮮学校ご出身との事ですが、次回の記事では朝鮮学校が日本に存在するデメリットについて考察して頂ければ、バランスが取れるのではないかと期待しております。因みに私は出身校に対してごく普通に母校愛を持っているつもりですが、スコラセントリズムではありません。たかがKGされどKG程の心持と言えます。では、今後もご活躍される事を期待しております。拙文ご容赦下さい。

はじめまして.

新たな切り口による論評だなと思ったので,コメントの前に,お聞きしたいことがあります.

メリットを語る際には通常デメリットも同時に語ると思うのですが,教授はデメリットはどのように捉えておられますか?

記事が簡単とか難しいとか、メッセージがどうのという問題じゃなくて、朝鮮学校持ち上げすぎじゃないの?日本の学校出て懸命に生きてる在日も捨てたもんじゃないですよ、という事を言いたかっただけです。金教授の記事を拝読し、そういう違和感を感じたと言う印象論です。読み直しても、その印象はぬぐえません。申し訳ありませんが。

読み直す必要はありません.しっかり読みました.
教授の考えておられるメリットについては理解しました.

ただし,論評をする際,ある一面から見たことのみを並べて,(意図的でないにしろ,あるにしろ)他の面を見ないというのはアンフェアであると思うからお聞きしたまでです.

本記事は,朝鮮学校に関する冷静な論評ではなくて,メッセージあるいはメタメッセージということでよろしいのですか?
もしそうであるならば,これ以上議論の余地が無いと自分は考えます.
冷静な論評であるならば,メリット・デメリット両面を語るべきと考えます.
お忙しいと思いますが,そのあたりのご回答を頂きたい.

 初めまして、ニュースより寄らせて頂きました。

 実は、近所に朝鮮学校があるのですが、事件があったとの報道の後、捜査が全く行われなかったようなのですが……被害届が出ていないのでしょうか? 少々気になりましたが、調べてみても犯人逮捕も続報も見当たらず……不思議ですね。
 れっきとした犯罪ですから、被害届が出ていそうな物ですが。

 横からの脱線を失礼しました。

 また、朝鮮学校についてですが、普通に認定を受けた上で法に則った助成を求めるのが筋と思うのですが、どのようにお考えでしょうか?

コメントする

このブログ記事について

このページは、mskimが2010年7月29日 13:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「寝た子」はいつかかならず起きる」です。

次のブログ記事は「解放社会学会大会のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。