学習内容の標準化

| コメント(0) | TB(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月30日の東京新聞朝刊によれば、文部科学省は「大学の学部(学士課程)の教育期間で学生が身に付けるべき知識や技術など教育内容や到達目標を示した指針を、専門分野ごとに策定する方針を固めた」とのこと(→ウェブ魚拓)。

 諮問機関に過ぎなかった教育再生会議とは違って、実行権限を持つ文部科学省の方針です。東京新聞でしか報じられていないようですが、たぶん本決まりなんでしょう。

 中央教育審議会が2002年8月5日に公表した『大学の質の保証に係る新たなシステムの構築について』では、「高等教育の質」を保証するために「第三者評価制度の導入」が必要だと述べられています。一部を引用すると(下線は引用者);

 大学の専門性を様々な分野ごとに評価する,いわゆる専門分野別第三者評価についても,例えば日本技術者教育認定機構(JABEE)が行っているように,将来的には多様な分野で行われることが必要である。しかし,現在直ちに多くの分野で専門分野別第三者評価が実施できる状況にはないところであり,認証評価機関による評価の義務付けは,当面,第三者評価の導入に対する必要性が特に強い法科大学院等の専門職大学院から開始することとする。
 と、この段階では事実上の先送りだったわけです。その後、同じく中教審による2005年2月1日の答申『我が国の高等教育の将来像』で少し話が進みます。一部を引用しましょう(下線は引用者)。
  • ......大学が自律的選択に基づいて機能別に分化するなど全体として多様化が一層進むにつれて,学習者の保護や国際的通用性の保持のため,高等教育の質の保証が課題となる
  • 事後評価に関しては,......分野別評価についても積極的に採り入れられることが期待される。その際,分野の特性に応じて学協会等関係団体の参画・協力を得ることが考えられる。
 ちょっとわかりづらいですかね。

 過去10年ほど、日本全国の大学で「魅力的な大学」を目指して教育改革が行われてきました。改革を実施する際に、伝統的な学問領域の枠を取り払って、いくつかの学問領域を横断する学際的な学部を作るという手法が最近まで好まれていました。うちの大学の「人間関係学部」なんかはその典型です。

 その結果、「多様化」が進み、何を学んでいるのかよく分からない大学も増えてしまった。だから、「高等教育の質の保証」が必要で、そのために大学別評価や分野別評価を積極的に採り入れるべきだ、というわけです。

 話としてはわかるのですが、ちょっと困ったことになってきました。

 「学問領域を横断する学際性」をうたっている学科や学部は、複数の学問領域で必要とされる知識を習得させるカリキュラムを組んでいるわけですから、逆に言えば、特定の学問分野で標準化されたカリキュラムとは相性が悪いのです。

 既存の標準カリキュラムを例にとれば、社会調査士(14単位)ぐらいの限定されたカリキュラムだったら複数に対応することは難しくありません。しかし、認定心理士(36単位)あたりになると、だんだん学際分野で対応することがつらくなってきます。ましてや、社会福祉士受験資格(46単位)なんかだと、複数のカリキュラムに対応するのはきわめて困難。さらに管理栄養士受験資格(88単位)になると、他のカリキュラムと相乗りするのはまず不可能といっていいでしょう。

 せめて、各学問分野で30単位ぐらいに抑制してくれると対応しやすいのですが、ムリだろうなぁ。

前のエントリー3件

次のエントリー3件

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://han.org/blog/mt-tb.cgi/230

コメントする

このブログ記事について

このページは、mskimが2008年1月31日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GPAの運用」です。

次のブログ記事は「多様性と標準性の調和」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。